ALBUM
『SHUN』

1. Just In Time --- 3'37"
2. Someone To Watch Over Me --- 5'00"
3. Just You Just Me --- 3'03"
4. Day By Day --- 4'27"
5. Teach Me Tonight --- 3'50"
6. Bye Bye Blackbird --- 3'45"
7. I Fall In Love Too Easily --- 3'45"
8. Can't Help Lovin' Dat Man --- 3'55"
9. Take The 'A' Train --- 5'50"
10. Little Girl Blue --- 4'13"


酒井 俊 … vocal
渋谷 毅 … piano
川端 民生 … bass
宮沢 昭一 … drums
宮沢 昭 …tenor sax(3・4・6) , flute(4・5)
中牟礼 貞則 … guitar(3・4・5・8)
向井 滋春 … trombone(3・5・6・8)
吉田 憲司 … trumpet(3・5・6)
大口 純一郎 … piano(3・6)
石山 実 … conga(3)

1976年 六本木ミスティーでジャズ・ヴォーカルとしてデビュー

1977年 デビューアルバム「SHUN」リリース

今考えたらとても恐ろしくなりますが、レパートリーは12曲しかないままに、若さと本能の赴くまま六本木ミスティーでデビューしたのが1976年。それから半年後、なんだかよくわからないままにレコードを出すことになったんですね。レコーディング前日に、ふと気になったことがあって渋谷さんに電話、「どのレコードもステージで聴いたときより迫力がないっていうか、大人しいっていうか、レコーディングというのはしずかにやるものなんですか?(なんと愚かな!)」と尋ねたんですが、「いや、あのね、どうしてもレコーディングの時は緊張するもので、俊はね、いつも通りやればいいのね、いつもライブでやっているみたいにウワーッて」と励ましのお言葉、「ああ、そうですか、ならばやれます」と出来上がったのがこのレコードなんですね。我ながらつくづくあきれてしまいますが、デビュー作としてはね、みなさんどうですか?